24Days English 島田式ロコモーティブメソッド

24Days English〜島田式ロコモーティブメソッド

 

24Days English,島田式ロコモーティブメソッド
24Days English,島田式ロコモーティブメソッド

 

24Days English〜島田式ロコモーティブメソッドは、1日わずか10分の時間があれば、24日で英語を話すことができるようになる教材です。5歳のお子さんから80歳のお年寄りまで、幅広い人がその効果を実感しているのです。

 

これまで必死に勉強をしてきたけれど、英語を話せるようにはならなかった、という人は多いことでしょう。例えば聞くだけの教材は、リスニング力を上げることはできても、スピーキング力はアップしません。英会話スクールの場合、講師はネイティブでも教育においてはまったくの素人なので、通っても英語を話せるようにはなりません。

 

24Days English〜島田式ロコモーティブメソッドには、上智大学のアルフォンソ教授が開発した日本語勉強法である「アルフォンソ文法」が採用されています。この文法があると日本語レベルが飛躍的にアップするのですが、この教材の場合はそれを英語に応用しているのです。

 

24Days English〜島田式ロコモーティブメソッドは、接続詞や代名詞、分子構文、前置詞といったややこしいことを用いません。短文でも、とにかく相手に物事を伝えるということに着目して学習を行うので、中学レベルの英単語力で、日常英会話ができるようになるのです。

 

24Days English〜島田式ロコモーティブメソッドでは、まずは教材を読んで英語を覚える秘訣を知ってから、24日間リスニングCDを聞くという方法で学習します。iPodやスマートフォン、MP3プレイヤーに音声を入れておくことで、机に向かわなくても学習ができるのです。

 

24Days English,島田式ロコモーティブメソッド

24Days English,島田式ロコモーティブメソッド

 

島田勝弘氏とは?

24Days English,島田式ロコモーティブメソッド

島田勝弘先生は、24Days English〜島田式ロコモーティブメソッドの著者です。東京都内を中心とした5教室の英会話スクールにて、多くの人に英語を指導をしているのです。

 

元々島田勝弘先生は、英語を話すことができなかったそうです。オーストラリアで日本語教師をしていた経験があるものの、3年間オーストラリアに滞在していても英語力が身に着くことはなかったそうです。

 

そんなとき、上智大学のアルフォンソ教授の講義を聞いたことで、アルフォンソ文法という日本語勉強法と出会います。とても常識外れだったその文法を生徒に教えてみたところ、彼らの日本語力は飛躍的にレベルアップしたそうです。

 

そこで島田勝弘先生が自分の英語学習にアルフォンソ文法を用いてみたところ、簡単に英語を話せるようになったのです。そして30年の月日が過ぎ、24Days English〜島田式ロコモーティブメソッドが完成したのです。

 

島田勝弘先生の教材は、勉強しなくても英会話力が身に着くという画期的なものです。10分という短時間音声CDを聞くことで、ネイティブの発音を身につけることができます。

 

何度も繰り返し音声を聞き、話してみることで、自然とその内容が頭にインプットされます。英語脳を作り出すことができるので、口から英語が瞬間的に出てくるようになるのです。

 

他の聞き流し教材とは異なり、1日1レッスンという形で必要なポイントを伝えてくれるので、確実に英語力が身に着いていくのです。

24Days English,島田式ロコモーティブメソッド

24Days English,島田式ロコモーティブメソッド